【独学初心者】英語を勉強するメリットと気を付けるべき事とは?

「これから英語を勉強しようと思っているけど、実際英語は勉強した方がいいの?」

と考えている人は多いと思います。

本に住んでいながら英語を勉強する意味が分からないし、必要性を感じないという人も多いと思います。

日本で独学で英語を勉強し、現在海外のIT企業で英語を使用しながら仕事をしている私が、英語を勉強することのメリットについてご紹介します。

英語を勉強するのは大変じゃないの?

英語を勉強するのって難しくないの?という質問があれば、正直に簡単ではないと答えます。

3ヶ月でペラペラとか、これさえ聞けばネイティブのように話せるようになるという教材は私は嘘だと思っています。

勉強したからこそ分かりますし、一種の詐欺にも感じます。

その為、簡単に話せるようになるという教材には飛びつかない方がいいでしょう。

簡単に英語が話せるようになるというのは、簡単にお金持ちになれるという宣伝文句と同じようなことです。

誰でも楽に稼げるようになりたいし、楽に英語を話せるようになりたいので、ついつい飛びつきそうになってしまいます。

かし、そんなに簡単に何でも出来たら世の中にお金持ちがあふれていて、日本ではみんな英語も話せていることでしょう。

遠回り以外の近道はないのが事実です。

そう言われると、なんだか英語をこの先話せるようになる気がしない、、、と思いますよね?

しかし、帰国子女でもなく、超保守的家族の中で育ってきた私が、今では英語を使って海外で仕事をしているので、出来ないことは絶対にないと言い切れます。

簡単ではないということは事実です。

あと、アドバイスですが、帰国子女が教えるイングリッシュ!は発音を真似したりするのはもちろんいいと思いますが、勉強の仕方は私の様な全く英語と関わりのない家庭で育った人には参考にならないということも覚えといて欲しいです。

英語を勉強する5つのメリット

先程も言った通り、英語を使えるようになるまでは簡単ではありません。

こんなに勉強しているのに、、なんで話せないんだろうというもどかしさなども出てきます。

しかし、英語を使えるようになったら様々なメリットがあります。

メリット5つをご紹介します。

英語を勉強するメリット:転職のチャンスが広がる

日本で英語が出来る人はまだまだ貴重な存在です。

英語が出来る事で、働くことが出来る会社の範囲は広がりますし、転職エージェントから直接ヘッドハンティングのメールが届く可能性もあります。

次に行く会社が無いという心配も無くなるし、年収が高くなるというデータもあります。

英語を勉強するメリット:ビジネスチャンスが増える

いち早く最新ビジネスの情報に気が付けたり、外国人の友人が出来ることで日本だけではなく海外展開できるようなビジネスをすることもできるでしょう。

逆に、海外にはあるのに日本ではまだないビジネスを持ってくることも可能になってきます。

日本でビジネスをしていても、日本語と英語でマーケティングすることで客層が広がることも英語を勉強する魅力の一つです。

英語を勉強するメリット:出会いの機会が広がる

英語を勉強することで、交友関係も広がります。

もちろん同じように英語を話せる世界中の友人ができるだけでなく、恋愛の範囲も広がり選択肢が増える為、今より楽しくなることは間違い無いです。

考えも柔軟になり、今よりも色々な考え方が出来るようになるでしょう。

そして、自分がどれほど保守的な考えだったか気づくことになるでしょう。

英語を勉強するメリット:情報の量が違う

日本語のニュースでは伝えていない事や、日本と海外のニュースで言っていることが違うことが分かったりするので面白いです。

インターネットで検索しても日本語と英語では情報の量が全く違うので、例えば何かを学ぼうと思ったり、解決策を探すためにインターネット検索するだけでも最新の情報を探すことができます。

最新の情報はどうしても英語で流れていることが多いので、日本語で情報を得るよりも、いち早く情報をキャッチすることができます。

英語を勉強するメリット:英語が話せて凄いと言われる

まだまだ英語が話せる人が少ない日本では、英語が話せること=凄い事、の様に思われています。

少し英語を話す機会の場で、英語を話すだけで、「○○は英語が話せるの?」と驚かれる事でしょう。

海外では、英語が話せて当たり前の国が多いですが、どうしても英語コンプレックスのある日本人は英語が出来ることで一目置かれるでしょう。

気分もよくなるので英語を勉強していて損はないでしょう。

英語を勉強する時に気を付けるべき事

まずは、最初の方でも言った様に、3ヶ月でペラペラなどの教材の宣伝にひっかからないことです。

地道にコツコツ学ぶ以外には、近道はないと考えています。

もう一つ気をつけて欲しいのは、現在沢山の英語の教材があるのですが、沢山の教材に手をつけることはやめましょう。

私も、沢山の教材を試した一人なのですが、どれも中途半端になってしまった為、3冊だけを3年間かけて繰り返し勉強する方法に変えたことで、今では力がついたと考えています。

どうしても、好奇心で色々なものに手を出したくなる気持ちは分かりますが、1冊から3冊にして、何回も繰り返し覚えるまで学ぶことをお勧めします。

英語学習でTOEICを勉強することに意味はある?

結論から伝えますと、TOEICの勉強することに意味はあります。

TOEICの勉強をしたおかげで転職出来たことにも繋がっています。

TOEICの勉強方法ですが、私の場合は、他のサイトで公式問題集だけでTOEICの点数をあげるという記事を見て、騙されたと思ってTOEICの公式問題集3冊を何周もしました。

すると、TOEICの点数も550点から700点近くになり、自然と英語も話せるようになっていました。

それまでは、単語学習や文法学習などの様々な教科書に手を付けていました。

もちろん、それも今に繋がっているとは思います。

英語が出来るかどうかの一つの指標ですので、転職を考えているなら取っておいた方がいいでしょう。

私も、転職の際にはTOEICの点数は面接官に確認されましたし、先程も言ったように、この点数のおかげで転職できたと思っています。

まとめ

英語だけではなく、語学の勉強には終わりがありません。

どこがゴールだか分からないからです。

しかし、英語を一度使えるようになってしまえばこの先、形が大きく変わることがあまりないので一生使えるスキルであることは間違いありません。

自転車に乗れるようになることと同じことだと思います。

今から英語を勉強するのは遅いのではないかと考える人も、今からでも全く遅くありませんので、モチベーションが高いうちに英語の勉強を始めることをお勧めします。

最新情報をチェックしよう!