小型のプロジェクターおすすめ4つご紹介!

今回ご紹介するのは、小型タイプのプロジェクターです。

家にいることが多くなってきたので、普段より家で映画を見る機会が多くなってきた方なんかは、臨場感のある映像を楽しみたくはありませんか?

部屋の明かりを消して、大自然の映像を見たりするだけでも気分転換となり、ストレスも消えることでしょう。

もちろん、小型タイプのプロジェクターであればお家時間だけでなく、持ち運びできるものもあるので外出先やキャンプ場、そしてホテルの壁でも使用できてしまいます。

小型のプロジェクターはどんな性能のものがあるのか見ていきましょう!

それではご紹介します!

小型のプロジェクターおすすめ4つご紹介!

◆小型のプロジェクターはこんな人におすすめです!
・お家時間を楽しみたい人
・プロジェクターを持ち運びしたい人
・おしゃれなライフスタイルがしたい人

シネマージュの小型プロジェクター

こちらは、日本初のプロジェクターブランドCINEMAGE(シネマージュ)です。

小型サイズであるのにハイスペックという優れモノで、簡単に持ち運びできるので家のいろんな場所に持ち運んで映画やゲームをすることが出来ます。

寝ながら部屋の天井で映像を見ることも可能です。

キャンプなどで、WiFiがない環境であっても利用可能なんです。

従来のモバイルプロジェクターは480pもしくは720pの画質が普通でしたが、CINEMAGE(シネマージュ)はモバイルプロジェクターでありながら、 フルハイビジョン(1080P)の高画質で投影することが可能でこちらも日本初です。

また、これまでのモバイルプロジェクターは手動でピントを合わせなくてはいけませんでした。

それは非常に面倒でストレスでしたが、CINEMAGE(シネマージュ)はその手間をなくしましたので、映像への没入感を高めてくれること間違いなしです!

公式サイトであれば、商品に万一不具合があった場合でも、ご購入後1年間のメーカー保証期間内であれば、良品との交換を実施してくれますので安心です。

是非公式サイトで確認してみて下さいね!

 

Anker Nebula Capsule IIの小型プロジェクター

こちらのAnkerのプロジェクターは、MONOQLOベストバイオブザイヤー受賞していて、MONOQLO編集部が2019年にテストした約5000製品の中で「最も感動した完璧プロジェクター」として年間ベストバイを受賞している商品なんです。

世界で初めてAndroid TVを搭載したモバイルプロジェクターでもあり、YouTubeやAmazon Prime Video、Netflix、Hulu、Disney+、TVer、Abema TV、DAZN 等の5,000以上のアプリを通じて無限のエンターテインメントを提供してくれます。

壁や天井がホームシアターとなり、普段の生活に癒しを与えてくれること間違いありません。

米国のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて、1.8億円以上の支援金を集めたモバイルプロジェクターであり、前モデルのNebula Capsuleよりも明るさが2倍の200ANSIルーメン、解像度が1.5倍の720Pに進化しています。

8Wのスピーカードライバーにより迫力の音を提供してくれるので、スピーカーとして使用するのもありです。

XGIMI MogoSeries proの小型プロジェクター

XGIMIは、優れた品質の革新的な製品を良心的な価格で提供することに力を入れているため、デザイン性と機能性は抜群です。

その証拠として、過去6年間で、XGIMIは31の権威ある国際的なデザインおよびイノベーション賞を受賞しています。

もちろん、Android TV 9.0を搭載していて、その他にも数えきれないほどのゲームやYouTube、Amazon Prime Video、Hulu、dTV、Abema TV、DAZNなどの動画アプリなどを楽しむことができます。

「オートフォーカス」と「垂直方向の自動台形補正」が搭載されているので「焦点の調整」と「台形補正」の心配は要りません。

他の場所に移動した時に、また焦点を合わせなければいけないというストレスもありません。

日本語説明書もあり安心です。

Crosstourの小型プロジェクター

こちらのCrosstourのプロジェクターは、超小型サイズ(9.2*8.1*5.5CM)と軽量タイプなんと208gのプロジェクターで、カバンに入れて持ちあることができます。

騒音を低減するシステムを搭載しているので、使用中もプロジェクターの音で集中できないという心配がありません。

このプロジェクターは3000 mAhのバッテリーを内蔵し、電源がなくてもフル充電で1.5-3時間使えて、携帯の充電がない場合でもバッテリーとして使用することができます。

投写距離は0.3~4mですが、推薦投写距離は1.2~1.5mなので、こじんまりとしたスペースで使用することをお勧めします。

より良い音質で楽しみたい場合は、外部スピーカーを利用することをお勧めします。

まとめ

如何でしたでしょうか?

あなたが求めていた小型のプロジェクターは見つかりましたか?

まだ使ったことがないから小型プロジェクターを購入するのは勇気がいるという方は、モノカリで小型プロジェクターのレンタルが出来ますよ。

実際にレンタルして試してみることで本当に自分にとって必要なものなのか分かるので、是非試してみて下さいね!

最新情報をチェックしよう!