ポーターの3WAYのビジネスリュックのタンカーは防水なの?調べてみた!

せっかく長く使えて、どんな場面でも活躍する3WAYバッグを買ったのに、防水ではなかったらちょっと不便だと感じませんか?

今回は、人気のポーターの3WAYブリーフケースのタンカーが防水かどうかについて調べてみました。

室内と屋外どこでも活躍できて、雨の日でも問題なく使えたらとっても便利ですよね。

アキノン
プライベートでも仕事でもどっちでも使いたいので、できれば防水だったらいいんだけどなぁ

梅雨や秋雨、そして突然の雨などでも気にせず使えたら、特にめんどくさがり屋さんはいちいち防水スプレーをかけなくて済むので有難いですよね。

それでは、そんな気になる「タンカーが防水なのか」についてご紹介しますね。

ポーターの3WAYのビジネスリュックのタンカーは防水なの?

残念ながら、ポーターの3WAYブリーフケースのタンカーは防水ではありません。

ナイロンツイル(表面)+ポリエステル綿(中間層)+ナイロンタフタ(裏面)の柔らかい3レイヤー生地で作られているというメリットがあるのですが、防水ではないのです。

アキノン
3WAYで使えてとても便利なのに、防水対応ではないのがタンカーシリーズの欠点です。

そのため、使用する際には防水スプレーが必要になってきます。

防水スプレーを購入するならおすすめはアメダスの防水スプレーです。

ナイロン製のタンカーの3WAYバッグにも問題なく吹きかけることができ、色あせることもありません。

水滴がコロコロ転がる防水力で、汚れにも最適です。

ポーターの3WAYのビジネスリュックのタンカーを楽天市場で購入した人の防水対応に対する反応

アキノン
ポーターのタンカーを楽天市場で購入した人の口コミで防水機能に関することが書かれているのでご紹介しますね!

楽しみです
 
購入者さん

評価: 5通勤、ビジネス、プライベート兼用目的で購入しました。早々に吉田かばん購入を決めたのですがサイズと防水機能で他の型番と悩みました。最終的にポータータンカー3ウエイのLサイズにしてよかったと思います。Mサイズに多く詰めるより余裕持ったLサイズの方がスマートに見えます。またサイズの割には軽くて毎日の通勤には苦にならないと思いますし防水スプレーで対応しようとおもいます。手に取ってみると長く愛されているブランドである理由がよくわかります。

防水機能がある他のポーターシリーズと迷ってしまうのですが、軽さなどを考えてタンカーにしたとのことですね。

タンカーは防水機能がないこと以外は本当に便利なバッグなんです。

とても使い勝手の良いバッグです。
 
SORAPAPA9696さん

評価: 5息子に購入しましたが、丈夫でとても使いやすく本人もすごく気に入っているようです。細かなところでも、丁寧に作られていてさすが吉田カバンの商品です。ただ、防水ではないので防水スプレーを使用しました。

こちらの方も、タンカーには防水スプレーを使用しています。

2泊用リュックとして
 
micさん

評価: 4迅速丁寧な対応で発送してもらいました。3WAYの旅行用リュックとして購入しました。大きさも丁度よく、軽く使いやすいです。ポータはデザインが気に入りました。仕事でも、ちょっとした旅行でも使え、2泊くらいなら問題なく使えます。旅行ではリュックにして歩きまわってます。中がオレンジなのがよいです。あと肌触りも良いです。防水加工がしてないのが弱点ですか?それとも、逆手にとってつけおきあらいができるかも!

防水機能がないのは欠点ともとれますし、メリットともとらえることができますね。

防水だと付け置き洗いの時に汚れが落ちにくくなってしまいますが、その点タンカーの方が付け置き洗いに向いているでしょう。

知恵袋でのポーターの3WAYのビジネスリュックのタンカーの防水対応について

吉田カバン・ポーターのタンカーのバッグは、晴れの日でも雨の日でも曇りの日でも雪の日でも・・・。 全天候対応してますか?? 水に濡れてダメになるとかありませんか??

大雨の時は、気を付けた方がいいでしょう。

防水加工はしていないので防水スプレーでも対応できない場合があります。

ポーターの3WAYのビジネスリュックのタンカー以外の防水リュック

アキノン
タンカーが防水ではないので、他のポーターの3WAYバッグにしたいと思った人もいると思います。

そこで、タンカーの3WAYブリーフケースではなく、防水対応の3WAYブリーフケースをご紹介しますね。

ここでは、タンカーと比べるとどんな点が劣っているのかと優っているのかを説明します。

ポーターの3WAYのビジネスリュックのヒート

こちらのポーターの3WAYバッグのヒートもタンカーの次に人気があるバッグで、2013年に放映されたドラマ「鍵のかかった部屋」で大野智さんが使っていたバッグなんです。

耐久性と耐水性に優れた2種類の異なる素材を組み合わせて作られていて、一部分に工業用資材として用いられる耐水性の高いターポリン生地をしようしています。

タンカーに比べると雨などが降ってきた時の心配はいりませんが、欠点を上げるとするとその重さでしょうか。

同じくらいのサイズのタンカーのMサイズ(W:420mm/H:300mm/D:125mm)で1065gなのに対し、ヒートは(W:420mm/H:305mm/D:115mm)のサイズで1385gで約300g重くなっています。

ポーターの3WAYのビジネスリュックのリフト

こちらは、ポーターの3WAYブリーフケースのリフトです。

こちらは、表のファスナーが斜めになっていてデザインでも印象的なバッグです。

重さは、W:420mm/H:300mm/D:100mmのサイズで1120gとタンカーよりはやや重いものの、ヒートよりは軽い作りになっています。

オリジナルのナイロンツイルを素材に採用し、耐久性と防水性に優れていて、カバン類の生地の裏面にはPVC加工を施すことにより、ハリ感を出しカバンの形状を整えると共に、水滴が中に染み込むことを防いでくれます。

ポーターの3WAYのビジネスリュックのハイブリッド

こちらは、ポーターの3WAYブリーフケースのハイブリッドです。

W:420mm/H:300mm/D:125mmの大きさで、1340gとヒートに比べるとやや軽く作られています。

メイン素材には、ヨットやウインドサーフィンで使用されるセール(帆)の生地開発に定評のある「DIMENSION-POLYANT社」とアウトドアなどで用いられる高品質素材を多く生み出している「インビスタ社」の協力によって開発した「X-C1000」が使われています。

「X-C1000」は、生地の織り目を密閉し雨や汗等の水の侵入を防ぐ事を可能にし、「強度」「軽さ」「防水性」を兼ね備えたオリジナル生地です。

自転車ー電車ー徒歩の通勤ルートの人には、是非おすすめしたい3WAYブリーフケースです。

まとめ

今回は、人気のポーターの3WAYブリーフケースのタンカーが防水かどうかについて調べてみました。

残念ながらタンカーの3WAYブリーフケースは防水ではないのですが、防水スプレーをかけて使うことが出来ますよ。

どうしても防水の3WAYバッグがいいという人は、タンカー以外の防水の3WAYバッグを考えてみて下さいね。

一度持っておくと10年から20年程使えるポーターのバッグは、タンカーに限らずどれも人気です。

是非考えてみて下さいね。

最新情報をチェックしよう!